個人情報保護方針

当社における個人情報の取扱いについて

プライバシー・ポリシー(個人情報保護方針)

会社は、高度情報通信社会における個人情報保護の重要性を認識し、以下の方針に基づいて個人情報の保護に努めます。

1. 個人情報の取得について

2. 個人情報の利用について

3. 個人情報の第三者提供について

4. 個人情報の管理について

5. 個人情報の開示、訂正、利用停止、消去について

6. 組織、体制

7. 個人情報保護マネジメントシステムの確立、実施、維持、改善

初版制定 平成17年4月 1日
最終改定 平成27年6月19日

株式会社 フジランド
代表取締役社長 岡部 要一

1. 個人情報の保護及び管理者

当社は、個人情報保護管理者を以下のとおり定め、個人情報保護法及び個人情報保護に関するその他の法令やガイドラインを順守し、個人情報保護方針並びに内部規程に従って、お客様等の個人情報を適切かつ安全に管理致します。

個人情報保護管理者:総務担当 常務取締役 涌井俊克
連絡先:03-3263-1411

2. 個人情報の利用目的について

当社が取扱う個人情報の利用目的は以下の通りです。

3. 個人情報の第三者提供および開示について

当社では、法令に基づいて開示、提供を求められた場合を除き、ご本人の同意なしに第三者に対し、個人情報を開示、提供することは一切ありません。

4.個人情報の外部委託について

当社は、業務を円滑に遂行するために利用目的の達成に必要な範囲内において、他の事業者へ個人情報を委託する場合があります。その際は、個人情報保護体制が整備された委託先を選定するとともに、個人情報の取扱に関する契約の締結や適切な監督をいたします。

5.個人情報の目的外利用について

当社は、ご本人から同意を得た利用目的の範囲を超えて、個人情報を利用することは一切ありません。利用範囲を超えて個人情報を利用する必要がある場合は、再度同意を取得します。

6.個人情報の開示・削除等の求めに応じる手続きについて

当社が保有する「開示対象個人情報」について、ご本人またはその代理人からの利用目的の通知、開示、訂正等(訂正、追加、削除)、利用停止等(利用の停止、消去、第三者提供の停止)のご請求につきましては、以下のとおり対応させて頂きます。

7.個人情報に関する苦情・相談・お問合せについて

当社における個人情報の取扱いに関する苦情、相談並びにお問い合わせにつきましては、下記問合せ窓口(「8.個人情報のお問合せ窓口」に記載)まで、電話又はEメールにてお願いいたします。

8.個人情報のお問合せ窓口

株式会社フジランド 個人情報お問合せ窓口

住所 :〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-1 塩崎ビル
電話 :03-3263-1411
FAX :03-3263-2844
E-mail :privacy@fujiland.co.jp
受付時間 :9:00~17:00(土、日、祝祭日、年末年始及び、当社が定める休日を除く)

9.個人情報提供の任意性

ご請求に際して、ご本人の個人情報を当社へ提供されるかのご判断はご本人の任意となります。
ただし、必要な情報をご提供頂けない場合、ご請求に関する各種お手続き並びにサービスのご提供等が適切に行なえない場合がございますので、その旨ご了承ください。

Cookie(クッキー)の使用について

当社が提供しているWebサイトの一部ではCookie(クッキー)を使用しています。
Cookie(クッキー)が利用者のコンピュータ内のシステムやファイルに対し、悪影響を及ぼすことはございません。また、当社では、Cookie(クッキー)により個人情報は取得しておりません。
Cookie(クッキー)は、ご利用のブラウザのセキュリティ設定を変更することで、無効することができます(設定方法につきましては、各ブラウザのヘルプをご参照下さい)。
尚、セキュリティ設定によりCookie(クッキー)の利用を無効にした場合、当社Webサイトの一部を利用できないことがございます。
注)「Cookie(クッキー)」とは、利用者のブラウザ側に情報を保存しておき、お客様が再度同じWebサイトにアクセスした際、ウェブサイト側から利用者のブラウザ側の情報を取り出し、適切な処理を行えるようにする仕組みです。

SSL(暗号化技術)について

当社Webサイトでは、ご利用の皆様の個人情報を第三者による盗難、改ざんなどから保護する目的で、個人を識別可能な情報をご入力頂くページでは、暗号化技術である「SSL(128bit)」を使用しております。
尚SSLを使用しているページでは、URLが「https://」で表示されます。
注)SSL(Secure Socket Layer)とは、WebブラウザとWebサーバの間での通信の安全性を確保するための暗号化技術で、電子商取引などのサイトで一般的に使用されています。

クロスサイトスクリプティングの脆弱性について

当社のWebサイトでは、Webアプリケーションにおけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性に対し、適切な安全管理を講じております。
注)クロスサイトスクリプティングとは、悪意のあるコード(個人情報を盗むなどの不正な命令等)を不特定多数の利用者に対し、実行させてしまう、動的にWebページを生成するWebアプリケーションの脆弱性。

PAGE TOP